運河を美しくする会

会の趣旨

「運河を美しくする会」は、芝浦・港南・天王洲地域に所在する民間企業と法人団体によるボランティアの会(任意団体)であり、これらの地域の運河及びその周辺をきれいに、より魅力的な場所にするために平成2年に設立しました。

研究活動では運河周辺地域を定点観測し、運河のきれいさや鳥や魚などを見ることができるなどのなごみ度、遊歩道のバリアフリー度や利用のしやすさ度等の状況を評価して、これをもとに生き物の棲み処づくりと水質浄化の方法などの運河活用の方法について行政に提案を行ないました。
広報活動としては運河周辺のイラストマップを作成し配布したり、芝浦小学校の「運河に関する授業」や夏講座の「浅場・干潟での実験」に講師を派遣し、小学校児童の運河への親しみ・理解を深める支援を行ないました。
イベント活動では地元の運河まつりに展示などで参加し住民とふれあい、地域にとけこんだ活動を展開しています。また、平成4年に始めた「運河と水辺の写真フェア」は計9回の開催を行い、当会の初期の活動の中心をなしていました。

今後、このような活動を通じて運河がさらに美しくなるように行政に働きかけ、地域住民とのふれあいの場を広め、運河が地域住民の生活の憩いの場として利用され、他からも運河を見物したくなるように、そして環境問題に少しでも貢献できるよう、会員同士協力し合い、運河を美しくしていきたいと願っております。

会員企業・団体